花言葉は「愛の木」。セロームの育て方と増やし方。インテリアグリーンに最適な観葉植物

フィロデンドロン・セローム

【セロームとは?】

フィロデンドロン・セローム【サトイモ科・フィロデンドロン属】は、南アメリカ原産の観葉植物です。

花言葉は「愛の木」です。

切れ込みの入った葉が特徴で観葉植物の中でも人気のある種です。
葉は光沢があり美しく、大きく育った株は非常に見ごたえがあります。

セロームの育て方は?

【日当たりと置き場所】

明るい場所を好むので屋内の窓際近くなどに置いてあげましょう。葉焼けを起こしやすい植物ですので直射日光には当てないように気を付けましょう。
ある程度の耐陰性があるので少々暗い場所でも育てることは可能ですが、成長が遅くなります。

光量不足の場合、葉の色が悪くなったり葉が垂れ下がったりすることがあります。

また、エアコンの風が直接当たるような場所も避けたほうがよいです。

【水やり】

多湿を好む植物ですので、1日1回を目安に葉に霧吹きしてあげるのが効果的です。
鉢への水やりは完全に乾ききる前にたっぷりと与えるのがポイントです。

【用土】

セロームは用土にうるさくなく、水はけと水持ちがよければ、どんな用土でも丈夫に育ちます。迷ったときは、市販の観葉植物用培養土を使えば間違いありません。

【肥料】

5月頃~9月頃までの成育期は、緩効性肥料を2、3か月に1回を目安に施肥するのが良いでしょう。

【植え替え】

5月頃から6月頃が適しています。一回りおおきな鉢に植え替えてあげます。

【冬の間の維持】

耐寒性はある程度ありますが、5℃以上の気温が維持できる場所で管理するの良いでしょう。
水やりも控えめにします。
また、冬は空気が乾燥しやすいので葉への霧吹きは欠かさないようにします。

セロームはとても丈夫な植物。これだけ押さえておけば大丈夫!

【育て方のポイントを2つ】

  • 直射日光はNG!
  • 用土が乾ききる前にたっぷり水やり!

セロームの増やし方は?

セロームの主な増やし方は2とおりです。

【挿し木】

セロームの茎を切り、そのまま水挿しもしくは用土に挿しておくことで発根します。

【株分け】

子株ができますので切り分けることで株分けできます。植え替えのタイミングで行うのがよいでしょう。

茎をカットするときは、ハサミを熱殺菌し切り口から雑菌が侵入するリスクを低下させよう!

セロームはどこで買える?

【セロームの販売店】

育て方が容易で観葉植物の中でも人気があるセロームは、ほとんどの園芸店やホームセンターで販売されています。
もしご近所にセロームを置いているショップがない場合は通販でも購入することが可能です。